←工房通信には、こんなにステキな、うらさき画伯の挿絵が満載♪
社会福祉法人 くろべ福祉会

〜法人理念〜

「発達の願いに寄り添う」


発達の願いとは、人としての高まりを実現したいという内なる願いであり、「なりたい自分」と「ならない自分」との矛盾に生じた葛藤です。
私たちは、利用者が自らの葛藤を克服する過程のよき援助者となって、利用者の心に寄り添います。
そして、支援を必要としている方々と、地域の中でともに歩むことを喜びとする法人でありたいと思います。




 年間購読(年12回分/送料込み) 一口 2000円

 [郵便振替の場合]  
  口座番号 00790−3−93028
  加入者名 社会福祉法人 くろべ福祉会       
  
くろべ工房 (就労継続支援B型・生活介護)
〜わたしたちが実践で大切にしたいこと〜


@利用者が自らの葛藤を克服する過程のよき援助者となり、自ら乗り越えることの価値を大切にしながら、その結果を喜び合う共感者となる。

スタッフは利用者にとって「大好きな人」になることをめざします。


A利用者の願いにふさわしい文化を見出し、集団の中で、共感とともに創造していくことにより、見通しの力と主体的に活動を継起させていく力を導き出す。

「大好きなこと」が思う存分にできるように取り組みます。
〜基本方針〜
《くろべ工房通信》 のお申し込み

らいとはうす (相談支援事業所)

皆さんが、どんな生活を求めておられるのか、どうしたいか?を具体的に共に考えています。
私たちの地域にはどんな社会資源があるか・・・などを市や町の担当者さんにお伺いしたり、直接事業所に確認することで「こんなサービスがあったんだ。でも、こんなサービスもあったらいいのになぁ」と感じることがあります。そのニーズを充足できるように関係各機関と連携して日々支援していきたいと思います。

〜あゆみ〜


年月

内容

平成11年7月

平成13年4月

平成14年2月

平成15年3月


平成15年4月



平成17年11月

平成18年4月






平成19年8月

平成20年4月


平成21年4月



平成22年4月


平成22年12月

平成24年4月


平成24年6月

小規模作業所くろべ工房 開設

生地鼻灯台旧官舎へ移転

NPO法人くろべ工房 認証

社会福祉法人くろべ福祉会 認可

小規模通所授産施設第1くろべ工房、小規模作業所第2くろべ工房 開設

児童デイサービス藤の湯わんぱく工房 開設(定員10名)

知的障害者通所授産施設くろべ工房 開設
(定員20名。第1第2工房の合併、移築)

重症心身障害児者通園事業あいあい 開始(定員5名)


児童デイサービス オープンスペースいろは舎 開設(定員10名)

障害福祉サービス事業へ移行
くろべ工房 定員20名。(就労継続12名、生活介護8名)

くろべ工房 定員28名。(就労継続20名、生活介護8名)

わんぱく工房 定員15名。(いろは舎の廃止、合併)

わんぱく工房 定員20名。

くろべ工房増築工事竣工

くろべ工房 定員40名。
(就労継続20名、生活介護20名。通園事業の廃止、合併。)

相談支援事業所らいとはうす 開設



トップへ戻る
すてっぷサポートわんぱく工房 (放課後等デイサービス)  
 わんぱく工房では、障害ある子どもたちが放課後・長期休業に地域の中で楽しく安心して過ごせるようお手伝いしています。

 わんぱく工房は、子どもたちが元気に気持ちよく過ごせる場所。時には、冒険、挑戦、けんかもあり…わんぱくに過ごす中で、好きなこと、好きな場所、好きな人をたくさんみつけてほしい。

 子どもたちにも、家族にとっても安心できる場所、好きな場所であってほしいと願っています。


ご利用およびボランティア等ご希望の方は、
пF0765−56−7283   担当:岡田 まで(^-^)